看護師で、やる気のある方大募集


by tqdimkei8i

カテゴリ:未分類( 56 )

 26日午前7時45分ごろ、堺市堺区中三国ケ丘町7丁のJR阪和線・金岡南二踏切で、遮断機の遮断棒が2本折れているのを通行人が見つけ、駅員に通報した。阪和線は上下計25本が運休、計67本が最大で20分遅れ約5万人に影響が出た。

 JR西日本は、遮断棒が下りた状態で車が通行したことが原因と見ている。

【関連ニュース】
橋下知事:「大阪市営地下鉄は民営化、私鉄とタッグを」
踏切:遮断棒上がったまま列車通過けが人なし JR阪和線
踏切事故:快速電車に車衝突 女性死亡 奈良
天六阪急ビル:また一つ、寂しさ 駅ビルのモデル、解体へ−−大阪
鉄道事故:車椅子の男性、はねられ死亡−−堺の阪和線踏切

車内に覚せい剤、起訴の男性に無罪判決(読売新聞)
<塩野義製薬>初の国産インフル治療薬を発売(毎日新聞)
離陸滑走中、NZ機が急停止・車輪から煙…成田(読売新聞)
NHKの福地会長、改めて辞意認める(産経新聞)
診療報酬改定「評価項目は慎重に決定を」―日医(医療介護CBニュース)
[PR]
by tqdimkei8i | 2010-02-02 23:19
 今世紀に入って地球の気温上昇が鈍化した原因は上空の水蒸気が減少したためとする分析を、米国とスイスの研究チームがまとめた。地球温暖化の原因と対策を考える上で論議を呼びそうだ。28日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。

 国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」によると、20世紀後半の気温は10年当たり0.13度上昇した。00年以降も温室効果ガスは増えているが、気温上昇はほぼ横ばい。このため「上昇は人間活動が原因である可能性が90%以上」とするIPCCの分析を疑問視する見解が出ている。

 研究チームは二酸化炭素(CO2)と同じように温室効果を持つ水蒸気がかかわっていると考え、人工衛星と気球で上空の水蒸気濃度を調べた。

 それによると、成層圏(約10〜50キロ)の水蒸気が増え、1980年からの20年間の気温上昇率は30%増だった。だが、その後の10年間は水蒸気が10%減り、気温上昇率も25%減だった。本来0.14度高くなるところを0.10度に鈍化させる効果をもたらした。

 分析した米海洋大気局のスーザン・ソロモン博士(IPCC第1作業部会共同議長)は「水蒸気は(太陽光をさえぎる)火山噴火と同様、気温の変化に影響を与える。しかし、CO2などの排出増がなければ気温上昇は説明できず、IPCCの結論は変わらない」と語った。【田中泰義】

【関連ニュース】
【写真特集】暖かな破局 刻一刻と進む地球温暖化
【写真特集】グリーンランドの温暖化と滅びゆく犬ぞり
【写真特集】赤道直下の島の危機とゴミ問題…ツバル
【写真特集】温暖化で激減 写真家、丹葉さんが見たシロクマ絶滅の危機
地球温暖化防止:都市部「芝で緑化」は逆効果 米大学分析

雑記帳 高橋大輔選手に猫駅長「たま」のお守り(毎日新聞)
押尾被告、有名芸能人で初の裁判員裁判に(産経新聞)
<延岡市長選>首藤正治氏が再選(毎日新聞)
鳥取連続不審死 運転手殺害容疑でも立件へ 連続殺人に発展か(産経新聞)
「現行案がベスト」普天間移設で駐日米大使(産経新聞)
[PR]
by tqdimkei8i | 2010-02-01 23:01
 大学入試センター試験の追試験が30日、各都道府県の計48会場(東京は2会場)で始まった。対象は16〜17日の本試験を受けられなかった972人。本試験と同じスケジュールで、31日まで2日間にわたって行われる。

 追試験は例年、東京と大阪だけで実施するが、新型インフルエンザの影響が懸念されたことから、大学入試センターは最大5万人が受ける事態を想定し、全都道府県に会場を設けた。追試問題も例年の3倍の約7万5000人分を準備した。実施時期も、感染した受験生の回復に必要な期間を考慮し、例年より1週間遅らせた。

 しかし、追試対象者は1000人に満たなかった。会場別でも100人を超えたのは、本試験当日に大雪で交通が乱れた北海道だけで、半数近い22会場は10人未満だった。

 都内の会場の一つ、東京芸術大(台東区)で受験する対象者は93人で、うち48人はインフルエンザで本試験を受けられなかった。【井上俊樹】

【関連ニュース】
新型インフル:名古屋大、三重大は追試せず
新型インフル:東大、名古屋大など追試せず
センター試験:全日程を終了 病気などの961人が追試へ
センター試験:インフルで欠席 初日は全国426人
大学入試:新型インフル、東大など追試せず

小沢氏続投、支持相次ぐ=事情聴取受け閣僚が発言(時事通信)
京都のコンビニに刃物男、店長ら取り押さえる(読売新聞)
八王子のスーパー射殺事件、犯人の靴を特定(読売新聞)
小沢氏に説明責任求める…社民党大会で福島氏(読売新聞)
民家全焼、姉妹が焼死 石油ストーブ原因か 千葉・市原(産経新聞)
[PR]
by tqdimkei8i | 2010-01-31 06:23
 宮内庁は22日、寛仁(ともひと)親王殿下の長女彬子(あきこ)さま(28)が哲学博士の学位を取得したと発表した。皇族の博士号取得は、秋篠宮さまの理学博士に次いで2人目。

 同庁によると、彬子さまは19日に英オックスフォード大マートン・カレッジで博士号の口頭試験を受けていた。博士論文の趣旨は「19世紀から20世紀にかけての大英博物館での日本美術収集と展示の事例から、英国人の日本美術観がどのように変化していったかを明らかにした」という。

 また、彬子さまが同大の留学を終えて31日に帰国することが、22日の閣議で報告された。彬子さまは04年10月から5年4カ月間、留学していた。

<詐欺>東電元社員ら逮捕 融資金2.4億円詐取の疑い(毎日新聞)
JR東海、リニア海外展開へ 米国で事業化調査(産経新聞)
JR東海、リニア海外展開へ 米国で事業化調査(産経新聞)
<陸山会土地購入>石川議員、手帳にホテル名 水谷側とずれ(毎日新聞)
猪口氏ら7人、自民追加公認(産経新聞)
[PR]
by tqdimkei8i | 2010-01-29 19:16
 福岡市の健康器具販売会社「毎灸(きゅう)」が「どんな病気にも効く」と、温灸器(温熱医療機器)を高齢者に売りつけていた疑いが強まり、福岡県警が同社を薬事法違反(誇大広告)容疑で家宅捜索していたことがわかった。

 「買うと言うまで販売員が居座り、仕方なく購入した」。温灸器を購入したお年寄りは、毎灸の販売方法を証言した。

 福岡県内の70歳代の女性宅には一昨年、「お話だけでも聞いて下さい」と電話があり、その数分後には、男性の販売員が訪ねてきた。女性の顔を見るなり、「体が悪そうですね」と言い、温灸器の体験を勧めたという。

 女性は購入を迫られることを警戒して断ったが、「無理に売りつけたりしませんよ」と言われ、試してみた。その後に購入を断ると、「せっかく器械を使わせてあげたのに、『いらん』とは何ごとか」と激しく抗議されたという。女性は結局、約30万円で購入。販売員が帰ったのは、訪問から5時間半後だった。

 昨年、熊本県の70歳代の女性宅に訪れた男性販売員は「なんでんよか(何にでも効く)」と説明。腰痛に悩んでいた女性は約20万円で購入したが、約3日後、腰が痛くなった。

 契約時に男性が「警察には話さないで」と言っていたことを思い出し、不審に思い返して警察に相談して解約することにしたという。

宇奈月温泉の老舗旅館、無資格の中国人を仲居に(読売新聞)
「小沢容疑者」と誤表記=22日付大阪版朝刊に−産経新聞(時事通信)
<医療事故>誤って降圧剤など投与 男性患者死亡 愛媛で(毎日新聞)
補正予算案の25日採決で合意 衆院予算委(産経新聞)
政権に影響「全くない」=平野官房長官(時事通信)
[PR]
by tqdimkei8i | 2010-01-28 17:18
 国が群馬県長野原町の利根川水系吾妻(あがつま)川に計画する八ッ場(やんば)ダムについて、千葉県が建設事業負担金を支出するのは違法として、市民団体が県知事らに負担金の支出差し止めなどを求めた住民訴訟で、千葉地裁(堀内明裁判長)は19日、原告の訴えを棄却した。原告は控訴する方針。

 判決は「八ッ場ダムによる水源の確保が必要との判断は合理的な裁量範囲で、治水上の利益がないとは言えない」とし、県の負担金支出を適法とした。

 原告は「八ッ場ダムをストップさせる千葉の会」の51人。「県の水需要予測は著しく過大で、今の保有水源で間に合う。支出に合理的な根拠はなく、地方自治法などに違反する」と主張し、県側は「利水と治水の両面で必要なダムで支出は正当」と反論していた。

 同様の訴訟は利根川流域の6都県で起こされ、東京、前橋、水戸の各地裁でも原告が敗訴している。【神足俊輔】

【関連ニュース】
八ッ場ダム:千葉地裁も原告の訴え棄却 建設負担金訴訟
八ッ場ダム:地元意見交換会、24日に開催…国交相発表
八ッ場ダム:早期完成求めて決議 建設推進協
八ッ場ダム:24日に会合 前原国交相と地元
雑記帳:CD「八ッ場エレジー」やるせなさ託し

上野動物園の「北限のニホンザル」逃走も捕獲(スポーツ報知)
DPC分析システム「ヒラソル」、サービス停止で混乱(医療介護CBニュース)
虐待防止へ親権一時停止制度など提言(読売新聞)
小沢氏疑惑 閣僚反応 前原「事情聴取応諾は大変結構」(産経新聞)
振り込め詐欺 日中混成グループが暗躍 警官名名乗り(毎日新聞)
[PR]
by tqdimkei8i | 2010-01-26 23:44